「名誉都民」の顕彰式 横尾忠則氏ら3人

社会


東京都は、令和2年(2020年)度の名誉都民の顕彰式を行った。

名誉都民は、社会文化の興隆に功績があった人を称え、東京都が顕彰するもの。

令和2年度は、東京タワーやレインボーブリッジなどのライトアップを手がけた照明デザイナーの石井幹子氏(81)、使う人の心を大切に長年にわたって貢献してきた江戸切子職人の瀧澤利夫氏(82)、大衆的なイメージと神秘的なイメージの混在した独自の作風を確立し、世界的評価を不動のものとした美術家の横尾忠則氏(84)の3人が選ばれた。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース