ファストファッション逆境に...新たな戦略 コロナで業界不況の中

経済・ビジネス


新型コロナウイルスの影響で、アパレル業界に逆風が吹く中、日本のファストファッションが攻勢に打って出る。

雨に打たれ風にあおられ、雪の中を歩くモデルたち。
ステージ上でボルダリングをする姿も。

何とも過酷なランウェーだが、実はこれ、ワークマンのファッションショー。

元々、作業着を扱うブランドだが、ここ最近は女性人気が急上昇。
アウトドアを楽しむ女性向けが好調。

ワークマン広報部・伊藤磨耶さん「自粛の中で、アウトドアとかスポーツを始める人が増えて、ワークマンは、手に取りやすい価格ということで新たに購入する人が増えた」

秋冬物の目玉は、このジャケット。

針で刺したあと穴を指で押さえると、穴が消えた。

作業現場で使えるよう独自に開発した新技術で、中綿が抜け出るのを防ぐというもの。

ほかにも、ポケットが8個も付いたデニムスカートなど、高機能、低価格な商品を展開。

特に、女性のアイテムは2019年のおよそ4倍近くに増やしているという。

コロナの影響でアパレル業界が不況に陥る中、日本のファストファッションの販売が健闘している。

無印良品は、1日からセーターやベストなど、秋冬物の衣料品を見直し、最大1,500円の値下げをすると発表した。

今後は、密になりやすい週末のセールをやめる方針。

赤字を抱える無印良品だが、その中でも成長しているものが。

良品計画 衣服・雑貨部アパレルMD 田中俊輔担当部長「特徴的なのは、パジャマ、ホームウェアが大きく伸びた。外に出て行く機会が減ってきていると思うので、やはり客の日常着、普段着を展開しているところは強みとして出ている」

一方、しまむらは、1日からオンラインショップを開設し、新たな顧客を開拓する狙い。

しまむらは、リラクシングウェアやタオルなど、家の中で過ごす商品が好調で、コロナの中でも売り上げは堅調。

巣ごもり需要に品ぞろえがマッチしたことや、店舗の8割が郊外にあることなどが功を奏しているという。

東商リサーチによると、新型コロナ関連での倒産は、アパレルは59件で、飲食に次ぐ多さと厳しい状況に。

大手アパレルが苦境に立たされる中、巣ごもりファッションや郊外店などを強みに、秋冬でさらなる攻勢をかける。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース