ローソン 値引き商品をスマホに 期限切れ間近

経済・ビジネス


消費期限の迫った値引き商品の情報を、スマートフォンに通知する実証実験がスタート。

店舗の近くにいると思われる人のスマホに、値引きの通知が来た。
店の中に入ってみると、実際にパンが値引きされていた。

ローソンとKDDIが共同で始める実験は、顧客の位置情報や購買履歴を分析し、消費期限の迫った値引き商品を買う可能性が高い人のスマホに、情報を通知するというもの。

データの提供に同意した人に、午後5時から6時ごろに配信される。

集客や食品ロスの削減につなげるのが狙いで、実験は、2日から埼玉県内の10店舗で実施される。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース