ことし5回目 臭いの正体は? 異臭騒動に不安の声 神奈川・横須賀市

社会


神奈川県で相次いでいる謎の異臭騒動。
1日夜、新たに2020年で5回目となる騒ぎが起きた。

臭いの正体は何なのか。

神奈川・横須賀市でまた相次いだ、「シンナーのような臭いがする」などの通報。

街では「(午後)7時くらいだと思う」、「みんなで一斉に『臭くね?』みたいな感じ。ガスみたいなクサイ臭いがしました」、「頭が痛くなりました。頭が痛くて帰るやつもいた」などの声が聞かれた。

横須賀市消防局によると、通報があったのは、1日午後7時すぎから午後9時前までのおよそ2時間。
「シンナーのような臭い」、「ゴムが焼けたような臭い」など、全部で16件寄せられたという。

三浦半島での異臭騒ぎは、2020年6月以降、これで5回目。

横須賀市や三浦市の東京湾側を中心に、6月4日、7月17日、8月21日、9月19日と毎月発生。

6月に臭いを体験した人「ゴムが燃えたような感じの臭い。窓を閉めてても臭ってくる感じ」

しかし、これまでに異臭発生の原因はわかっていない。

そのため、神奈川県は9月、原因特定に向けた調査を行うことを決めた。

横須賀市では、神奈川県と連携して、器具を使って、相次ぐ異臭騒ぎの原因の調査に乗り出している。

器具はスイッチを入れると、吸引器のように空気を吸い込み、袋に密封することができる。

横須賀市消防局・木村稔さん「昨日は、6件の通報に対して、6台の消防車が現場に向かったんですけども、いずれも現場到着時に臭いがしないということで、大気の採取は行っていません」

現場の空気を採取できなければ、臭いのもとを特定することはできない。

街では「ゴムを燃やしたみたいな変な臭い、ガソリンみたいな。結構きのうは強かったです、臭いは」、「結構怖いですよね。たまに臭いすると、原因がまだわかっていないっていうから怖いです」などの声が聞かれた。

繰り返される異臭騒ぎ。
どのような事態が考えられるのか。

横須賀市消防局・木村稔さん「消防で考える可能性としては、陸上で起きている事故ですね。ガス漏れとか。化学工場、薬品を扱っている工場で、何か大気中に放出したかということだが、そういった報告もないので、消防としては原因が究明できていない状態です」

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース