日本学術会議 人事問題 菅首相「適切に対応した」

政治・外交 文化 科学


菅首相が、適切な対応だと強調した。

菅首相は、日本学術会議の会員の任命を一部拒否した件で、2日午後、初めてコメントし、法に基づき適切に対応した結果だと述べた。

(日本学術会議の6人を任命除外した理由は? 会見などで説明しないのか?)

菅首相「法に基づいて、適切に対応した結果です」

一方、日本学術会議は総会で、政府に対し、6人の学者の任命を拒否した理由の説明と、あらためての任命を要望することを決めた。

日本学術会議・梶田隆章新会長「ある程度、政府から独立して、学問ベースにして、いろんなことを発信していくものだと思う。その点は譲るべきではない」

また、任命を拒否された学者のうち3人は、野党のヒアリングに参加し、菅首相の判断を批判した。

任命拒否された早大大学院・岡田正則教授は、「これは今後の学術にとって、大変大きなゆがみをもたらすと思う。あってはならないし、きちんと説明していただかないと」

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース