なぜ北極海の流氷に? 18歳少女 抗議のメッセージ

国際 環境・自然


18歳少女、どうしてそこで?

人も通わぬ北極圏の海。
海鳥だけが鳴いている...と思ったら、流氷の上に、何やら人影が。

手にボードを持っている。

まさか、でももしかして...こんなところでヒッチハイク?

近寄ってみると、英語で何か書いてある。

「YOUTH STRIKE FOR CLIMATE(ユース・ストライク・フォー・クライメット)」、“気候のための若者のストライキ”。

彼女、18歳のミア・ローズ・クレイグさんは、流氷の上で気候変動への抗議活動を行っていた。

世界のリーダーたちに、氷が溶け出した北極海の危機を訴えるため、この地に立った。

ミア・ローズ・クレイグさん「わたしたちの世代は、気候変動について、常に考えなければならないと強く思います」

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、北極海の氷が1年で最も少なくなる「最小面積」は、2020年、過去2番目の小ささだった。

気候変動への対応は、待ったなし。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース