新型コロナの感染確認 鼻の入り口でも検査可能

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの感染を調べる検査について、鼻の入り口付近の検体も使用できるようになった。

検査はこれまで、鼻の奥や唾液の検体で行われていたが、鼻の入り口付近の鼻腔の粘液も、検体として使用できるようになった。

医療現場の負担軽減や検査体制の拡充が目的で、保険適用もされ、原則、自己負担もなく検査できる。

(FNNプライムオンライン10月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース