【速報】入院から一夜明け医師団会見 トランプ大統領の容体は“大変良い”

国際


新型コロナウイルスに感染したアメリカのトランプ大統領が、軍の病院に入院してから一夜明け、医師団が健康状態について日本時間4日未明、「状態は大変良い」と説明した。

トランプ大統領の医師団は、病室でトランプ大統領と面会し、日本時間4日未明、記者会見で「大統領の状態は大変良い」と述べ、「24時間以上、熱もない」、「現在酸素吸入は受けていない」、「経過に大変満足してる」と強調した。

医師団の会見は、トランプ大統領の感染が確認されてから初めてで、大統領の健康状態について懸念が広がる中、現地メディアは、「透明性に欠ける」と批判が広がっていた。

また、「本当に毎日、PCR検査をしているのか」との疑問が浮上する中、医師団は、「最後に陰性だったのはいつか?」との質問には答えなかった。

トランプ大統領の周辺では、さらに感染者が相次いでいて、大統領選に影響が及ぶのは確実。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース