20代の女性自衛隊員22人感染 教育課程に参加

社会 医療・健康


陸上自衛隊の朝霞駐屯地で行われた教育課程に、全国の部隊から参加した20代の女性隊員22人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

この教育課程は、陸上自衛隊の朝霞駐屯地で7月から9月末まで、全国の若手隊員を対象に行われていたもの。

陸上自衛隊によると、4日までに北海道や岩手など、14の都道県から参加した女性隊員22人の感染が確認された。

全員20代で、いずれも勤務している駐屯地などに戻ってから感染が確認されたという。

教育課程の参加者は、同じ宿舎で共同生活をしていて、陸上自衛隊は感染の経緯を調べている。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース