体調良好と主治医強調 トランプ氏「数日間が正念場」

国際


新型コロナウイルスに感染し、4日現在も入院しているアメリカのトランプ大統領が、自身の病状について語った。

トランプ大統領は日本時間の4日午前、動画を公開し、復帰への意欲を示したうえで、「今後数日間が正念場になる」との見方を示した。

トランプ大統領「アメリカを再び偉大にするために復帰しなければならない。すぐに戻れるだろう。体調は良くなり始めている。今後数日のことはわからないが、正念場になる」

トランプ大統領は、3日に公開した動画の中で、快方に向かっていると繰り返したうえで、今後数日間、推移を見極める考えを示した。

またホワイトハウスも、病院で執務を行うトランプ大統領の写真を公開した。

主治医によると、トランプ大統領の体調は良好で、熱はなく、酸素吸入も必要がないということで、「危険を脱してはいないが、慎重ながらも楽観的に見ている」としている。

動画や写真を公開することで、大統領の容体をめぐる、深刻な見方の払拭(ふっしょく)を狙ったとみられる。

一方で、主治医は「引き続き、健康状態を注意深く見守る」とも述べていて、予断を許さない状況が続いている。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース