熊本豪雨から3カ月 今も700人が避難

社会


熊本県を襲った豪雨から3カ月たち、被災地では復旧工事が進む一方、今もなお、およそ700人の被災者が避難所生活を余儀なくされている。

7月の豪雨では、県内で65人が犠牲となり、2人が行方不明、住宅の被害は全半壊あわせておよそ4,500棟にのぼった。

人吉市や球磨村などでは、701人の被災者が避難生活を続けていて、仮設住宅の建設が急ピッチで進められている。

こうした中、八代市では、浸水被害を受けた商店が9月16日から営業を再開。
お客さんも徐々に戻ってきた。

船津商店 店主・船津信行さんは、「(豪雨災害から3カ月は)長いようで短いようで。地元の人に感謝ですよ。こうして来てもらって」と話した。

当時、店内の商品はすべて流されたが、日用品を中心に少しずつ商品を増やしているという。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース