富士通社長が謝罪 東証システム障害

経済・ビジネス 技術


終日にわたる東京証券取引所の取引停止を引き起こした10月1日のシステム障害をめぐり、売買システムを開発した富士通の時田社長が謝罪した。

時田隆仁社長「多くの皆さまに、多大なるご迷惑をおかけいたしました。心よりおわび申し上げます。申し訳ございませんでした」

富士通は、障害が起きた売買システムの開発や機器の納入を行っているが、今回、故障した際のバックアップ機能が働かなかった。

時田社長はオンライン会見で、東証とともに原因究明と再発防止に全力で取り組んでいくと述べた。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース