藤井二冠“苦手ライバル”と対局 「王将リーグ」戦

文化


高校生棋士、将棋の藤井聡太二冠(18)が、これまで公式戦で5連敗中の豊島将之竜王(30)との王将リーグ戦に臨んでいる。

愛知県出身の高校生プロ棋士・藤井聡太二冠は、スーツ姿で「王将」のタイトル挑戦者を決める王将リーグ戦に臨んだ。

対戦相手は、同じ愛知県出身の豊島将之竜王(30)。

通算の勝率が8割を超える藤井二冠だが、これまで豊島竜王に対しては5連敗。

また、9月の初戦では、羽生善治九段(50)に敗れ、リーグ戦黒星スタートとなっている。

対局は、豊島竜王の先手で始まり、藤井二冠はいつも通りお茶を飲んで、初手を指した。

大阪の将棋会館で持ち時間それぞれ4時間で行われ、5日夜に決着する見通し。

(東海テレビ)
(関西テレビ)

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース