学術会議 与野党攻防 任命めぐり

政治・外交


日本学術会議が推薦した新たな会員候補のうち、6人を菅首相が任命しなかったことを受け、野党は今週の国会審議で政府が説明するよう求め、与野党の攻防が激しくなっている。

立憲民主党・安住国対委員長「政治的に、この意見は内閣と異にするようなことばかり言っているから、こいつはけしからんから外すなんてことは、おおよそ民主主義の国家であってはならない、今の法律上はルール違反」

日本学術会議の任命問題をめぐり、野党4党の国対委員長は、7日に開かれる衆議院の内閣委員会で、加藤官房長官らの説明を求めることを確認した。

これを受け、立憲民主党の安住国対委員長が自民党の森山国対委員長に申し入れたのに対し、森山氏は「検討する」と応じ、6日、再度会談することになった。

野党は5日午後、任命されなかった立命館大学の松宮孝明教授ら3人に直接話を聞く予定で、攻勢を強めている。

一方、菅首相は5日夕方、内閣記者会のインタビューに応じる予定で、任命についてどのような説明をするか注目される。
 

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース