台風14号初上陸の可能性も 列島に向け進路東寄りに

社会 暮らし


10月初めてとなる台風14号が、日本の南で発生した。

午後3時現在の予想では、日本近海で進路を東寄りに変え、2020年初めて日本列島に上陸する可能性がある。

5日午前9時、日本の南の海上で、台風14号が発生した。

台風は今後、勢力を強めながら北上し、今週末には、沖縄や西日本に近づくおそれがある。

その後、上空で吹く偏西風の影響で、進路を東寄りに変え、東日本に近づく可能性もある。

日本列島に上陸すれば、2020年初めての台風上陸となる。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース