トランプ大統領 5日中に退院か 快調をアピール

国際


5日中に退院との情報もあるトランプ大統領。

一時は深刻な容体との見方もあった中、自ら体調のよさをアピールするその狙いとは。

新型コロナウイルスに感染し、入院から2日もたたないうちに車で外出。

マスクを着用し、両手の親指を立てるなどして快調ぶりをアピールしたトランプ大統領。

その直前には、ツイッターに動画を公開し、「私が新型コロナウイルスについて多くを学んだ興味深い旅だった」と述べた。

その大統領の容体について、医師団は入院前の2日に高熱を出し、血中酸素濃度が低下したため、酸素吸入を行ったことを認めた。

医師団「酸素吸入を行ったのは金曜の朝だけだ」

さらに、重症者向けのステロイド薬「デキサメタゾン」が処方されたことも明らかにされ、一時は容体がかなり深刻だったのではとの見方が出ている。

しかし、医師団の見解は楽観的。

医師団「もし、きょうのように容体が良ければ、5日にも退院し、ホワイトハウスで治療を続けることができる」

早ければ、5日にも退院できるとの見通しを示した。

こうした中、トランプ大統領は5日午前6時すぎ、日本時間の5日午後7時すぎから、立て続けにツイッターに投稿。

「株式市場は高い 投票を!」、「軍はかつてなく強い 投票を!」、「法と秩序だ 投票を!」などと、共和党と自らへの投票を呼びかけた。

そして、FOXニュースはホワイトハウス高官の話として、「トランプ大統領が5日の朝に医師団に会い、月曜日のうちにホワイトハウスに戻れるだろう」と伝えている。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース