エアアジア・ジャパン 12月 全路線廃止へ

経済・ビジネス 旅と暮らし


愛知県の中部国際空港を拠点とするLCC(格安航空会社)の「エアアジア・ジャパン」が、12月で、4路線すべてを廃止することを決めた。

「エアアジア・ジャパン」は、2014年の設立から、安い運賃を武器に、札幌などの国内線と台北との国際線、あわせて4路線を展開していたが、新型コロナウイルスの影響で利用者が激減し、10月から全便を運休していた。

そして5日、新型コロナの終息時期が見通せないことなどから、12月5日で、すべての路線を廃止することを決め、国土交通省に届け出たと発表した。

これにより「エアアジア」は、日本での事業から撤退することとなる。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース