フランス・パリ「最高警戒レベル」に指定 バー営業も再停止

国際 医療・健康


フランスで、新型コロナウイルスの感染状況が再び悪化しているとして、首都パリと周辺地域の警戒レベルが「最高」に引き上げられた。

バーなどが、再び営業停止となる。

フランス政府は5日、パリと周辺地域を、緊急事態宣言の1つ前の段階である「最高警戒レベル」に指定したと発表した。

6日から2週間、バーの営業が停止されるほか、1,000人以上のイベントが禁止される。

一方、レストランは、新たな感染防止対策を義務づけたうえでの営業が認められる。

パリとその周辺地域では、1カ月前の3.5倍にあたる、毎日平均3,500人の新規感染者が確認されている。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース