台風14号 列島接近のおそれ 8日に沖縄・大東島地方に

社会 暮らし


台風14号が列島に近づいている。

沖縄や奄美、九州南部では暴風や高波に警戒が必要。

台風14号は今後、発達しながら8日には「強い」勢力で、沖縄県の大東島地方に最も接近する見込み。

そのあと、9日以降は奄美地方から西日本へ接近するおそれがある。

台風が近づく沖縄県の大東島地方や奄美地方、九州南部では7日、次第に波が高くなり、風も強まるとみられる。

予想される最大瞬間風速は、沖縄県の大東島地方で35~45メートルとなっている。

また、9日以降、台風の進路によっては、西日本で暴風や大しけとなるおそれがある。

さらに、台風の北上や秋雨前線の活動が活発になる影響で、東日本でも大雨になるところがあるとみられる。

今後の台風情報に注意が必要。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース