トランプ大統領 3日で退院 復活アピール“険しい表情”

国際


新型コロナに感染し入院していたアメリカのトランプ大統領が退院。

回復ぶりをアピールしているが、周辺で感染者が相次ぐなど、懸念する声も上がっている。

退院から一夜明け、日本時間の午後9時すぎ、新型コロナについてツイッターに次のように投稿したアメリカのトランプ大統領。

トランプ大統領のツイッターより「毎年多くの人が時に10万人がワクチンがあるにもかかわらずインフルエンザで亡くなっている。国を閉鎖するのか? いや、われわれはそれと共生するようになった。まさに新型コロナウイルスでもそうしているようにだ。コロナはインフルエンザほど致命的ではない」

日本時間の6日朝に退院し、健在ぶりをアピールした。

病院の前に集まっていた支援者は、今回のスピード退院を祝福。

支持者「素晴らしいわ。早く退院できてよかった」

入院からわずか3日で戻ったホワイトハウスでは、すぐに写真撮影に応じ、マスクを外して親指を立てるポーズで復活をアピールするものの、その表情は険しく、眉間にしわを寄せて肩で息をしているようにも見える。

その後はホワイトハウス内で動画を撮影し、トランプ節を繰り返した。

トランプ大統領「リーダーならわたしと同じ行動をとるだろう。危険はわかっていたが、今は良くなった。免疫ができたのかもしれない。コロナに人生を左右されるな」

しかし、ホワイトハウスではマクナニー報道官の感染が明らかになるなど、トランプ大統領周辺で感染者は15人以上にのぼり、さらなる感染拡大も懸念されている。

記者「あなたのスタッフは何人感染したのか?」
トランプ大統領「どうもありがとう」
記者「自分をスーパースプレッターだと思うか?」
トランプ大統領「...」

スーパースプレッターとは、より多くの人に感染させる患者のこと。

ホワイトハウスでのクラスターをふまえた記者の問いかけには答えず。

一時は酸素吸入を行い、重症者に使用されるステロイド薬「デキサメタゾン」を処方されていたトランプ大統領。

今後1週間は24時間の経過観察や治療を続け、隔離措置で執務を行い、完全に回復していない中での退院となった。

一部の現地メディアの報道によると、「退院を急ぐべきではない」という周囲の説得を押し切って退院したというトランプ氏。

病状については目が離せない状況が続くとみられる。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース