若手アーティストに光...アートを変える新手法

文化 経済・ビジネス


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

埋もれた才能を世界に発信。
若手アーティストの希望の光となる、新たな取り組みに注目した。

出品された美術品の値がどんどんと上がり、高額で取引されているオークション会場。

このオークションが今、日本のアート界が抱える課題を解決すると期待されている。

神奈川・川崎市内にあるアトリエ。

現代装飾家の京森康平さんは2020年、エルメスが主催するスカーフデザインのコンペティションで、5,500人の中からグランプリを受賞。

今、若手アーティストとして注目されている。

現代装飾家・京森康平さん「壮大な作品だったり密度の高い作品は、誰もが『おっ』となる魅力があると思っている。そういうところを引き出したいと思っている」

2020年になり、ようやく本業だけで生計を立てられるようになったが、2019年までは副業をしていた。

背景には、個展など自分の作品を知ってもらう機会はあっても、それが購入になかなか結びつかない現状があったという。

現代装飾家・京森康平さん「個展の時に人がどれぐらい来てもらえるか、買っていただけるコレクターにどれだけ出会えるか、自分だけで手探りでやると、どこまでいっても難しいなと感じていた」

こうした問題を解決しようと立ち上がったのが、現代アートの越境ECサイトを運営するスタートアップ「TRiCERA」。

もともとは若手アーティストの作品をオンラインで紹介したり、販売プラットホームを提供してきたが、今回、老舗オークション企業「シンワオークション」とタッグを組んだ。

若手アーティストとコレクターのマッチングを狙いとしたこのイベント。

「TRiCERA」は、27人の若手アーティストの作品を出品した。

その中には、京森さんが製作した作品も。

ネットからもリアルタイムで入札できるため、国内だけでなく海外のコレクターにも目にとまりやすくなった。

若手アーティストに希望の光を差す、新たな取り組み。

TRiCERA・井口泰代表「埋もれた才能を世界に発信させることで認知を広めていこうと。日本国内で環境を整備して、若手作家が自分たちでキャリアを形成させていく場、自分たちの作品を販売するチャンネルを、より強化することが1番必要になる」

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース