みずほ「週休最大4日」導入へ 新型コロナで働き方見直し

経済・ビジネス 仕事・労働


みずほフィナンシャルグループは、「週休最大4日」を導入する方針を明らかにした。

みずほフィナンシャルグループは、希望する社員を対象に週休3日や4日といった働き方を認める制度を12月に導入する方針。

銀行や信託銀行、証券など6社の正社員およそ4万5,000人が対象で、基本給は働いた時間に合わせ、週休3日で従来の80%程度、週休4日で60%程度とする方針。

「週休最大4日」の導入はメガバンクでは初めてで、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、副業や介護などに時間を使うことができる新たな人事制度を目指す。

今後、労働組合と協議し、正式に決める方針。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース