ネット促進 新たな手数料 三井住友銀行も

経済・ビジネス


銀行がデジタル化を進める動きが広がる中、三井住友銀行が、ネットバンキングを利用しない顧客から手数料を取ると発表した。

新たな手数料は、2021年4月以降に新しく口座を作る18歳から74歳までの人が対象。

ネットバンキングを利用しないうえ、2年以上出入金がなく、残高が1万円未満の場合に年間1,100円が徴収されるほか、紙の通帳の発行料として、年間550円かかる。

一方、ネットバンキングでほかの銀行に振り込む手数料は、2022年3月まで無料にして、ネット利用を促す。

メガバンクでは、みずほ銀行も2021年1月から紙の通帳の発行を有料化することにしていて、デジタル化によるコスト削減の動きが加速している。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース