北朝鮮高官が妻と韓国に亡命 2018年からローマで行方不明に

国際


2018年11月から行方不明になっていた北朝鮮の大使級の高官が、韓国に亡命していたことがわかった。

亡命が明らかになったのは、北朝鮮の駐イタリア大使代理を務めていたチョ・ソンギル氏。

チョ氏は、帰任を目前にしていた2018年11月、ローマで行方がわからなくなり、亡命が取り沙汰されていた。

韓国メディアは、チョ氏が2019年7月、第三国経由で妻とともに韓国に亡命し、現在も韓国政府に保護されていると伝えている。

北朝鮮の大使級の高官の亡命が明らかになるのは、2011年に金正恩(キム・ジョンウン)委員長が最高権力者になって以降初めてで、北朝鮮の反発が予想される。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース