トランプ大統領「極めて良好」 大統領選討論会にも意欲

国際


アメリカのトランプ大統領は、大統領選挙に向けた討論会参加にあらためて意欲を示した。

新型コロナウイルスに感染し退院した、トランプ大統領の容体について、主治医は6日、朝の診察の結果、「症状はなく、極めて良好だ」と発表した。

そのトランプ大統領は、退院から一夜明け、立て続けにツイートし、10月15日に予定されているバイデン氏との2回目の討論会について、「楽しみにしている」と参加への意欲を示した。

バイデン前副大統領「もし、トランプ大統領が感染したままなら、討論会を行うべきではない」

一方、バイデン氏は6日、トランプ大統領が回復していないのであれば、討論会は取りやめるべきとの考えを示した。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース