支局スタッフが陽性 モスクワから入国で判明

社会 医療・健康


FNNモスクワ支局に勤務する男性スタッフが、新型コロナウイルスの検査で陽性が確認された。

この男性は、一時帰国のため、7日に羽田空港に到着し、入国時の検査で陽性が判明したもので、10日間ほど入院する予定。

ロシアは、新型コロナウイルスの感染者が120万人を超え、アメリカ、インドなどに続き、世界で4番目の感染者数となっている。

フジテレビは、「引き続き保健所などの指示に従い、感染拡大防止に努めてまいります」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース