概算要求“過去最大規模” さらに膨らむ見通しも

政治・外交


財務省は、2021年度予算の概算要求と現時点での要望額が、あわせて105兆円を超え、過去最大規模になったと発表した。

財務省・伊藤副大臣「経済再生と財政健全化の両立を進め、新型コロナの危機を乗り越え、次の世代に未来をつなげていくことが、われわれの責任。質の高い予算を作り上げていきたい」

概算要求は、例年8月末に締め切るが、今回は新型コロナウイルス対策で、補正予算を2回編成したため、期限を9月末に1カ月延長した。

基本的に前年と同額とした一般会計の概算要求額は、103兆4,886億円。

このほか、金額を盛り込んだ要望額が1兆9,185億円あり、単純合計で、105兆4,071億円と過去最大になった。

新型コロナ対策やデジタル庁関連など、金額が盛り込まれていない「事項要望」も多く、予算の規模は、さらに膨らむ見通し。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース