「化学賞」はゲノム編集の女性2人 きっかけは日本人研究者の発見

科学 国際


2020年のノーベル化学賞は、生物の遺伝子を改変する「ゲノム編集」の新技術を開発した欧米の2人が選ばれた。

化学賞の受賞が決まったのは、アメリカ・カリフォルニア大学バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)と、ドイツのマックス・プランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(51)の2人。

2人は、2012年に「クリスパー・キャス9」という、従来より精度が高く扱いやすい遺伝子改変技術を開発。

この技術を使い、世界中で医療や農業の分野での研究が盛んになっているが、きっかけになったのは日本の研究者の発見だった。

九州大学大学院・石野良純教授「自分が発見したクリスパーが、こんなふうに人類に役立つ技術開発をされたことに対し、評価されたということは非常にうれしい」

九州大学大学院の石野教授たちの研究グループが、およそ30年前に、大腸菌のDNAに繰り返しのパターンを持つ塩基配列を世界で初めて発見し、これが後に「クリスパー」と名付けられた。

この発見をもとに開発されたのが、新たなゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」だった。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース