台風14号が北上 現在の南大東島は

社会 暮らし


強い台風14号は8日午前6時現在、南大東島の北東を時速およそ20kmで北北西へ進んでいるとみられ、沖縄県の大東島や鹿児島県の奄美大島などが強風域に入っている。

現在、台風が最も接近している南大東島から、沖縄テレビ・嘉数圭人記者が中継でお伝えする。

台風14号は8日午前6時現在、南大東島に最も接近しているとみられている。

現在、雨は降っていないが、時折、体が持って行かれるような強い風が吹きつけている。

島の基幹作物のサトウキビは、しなるように大きく揺れていて、中には折れ曲がったものも見られる。

台風の接近に備え、避難所には、7日から7人が避難していて「先月の台風で家にヒビが入り怖いから早めに避難した」、「思ったより風が強くて怖い」などと不安の声があがっていた。

台風14号は、今後、発達しながら北上し、大東島地方は、8日夜遅くまで最大瞬間風速30メートルの強い風が吹く見込みで、島では警戒が続いている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース