奄美に接近~週末は本州も 強い台風14号

社会 暮らし


強い台風14号の接近にともなって、九州南部や奄美は、荒れた天気となっている。

今後、西日本や東日本は、接近前から大雨のおそれがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

台風の強風域に入った、鹿児島・奄美市の8日午前9時ごろの様子。

白波がうねりをともないながら、勢いよく打ち上がっている。

奄美空港では8日朝、最大瞬間風速26.7メートルを観測し、九州南部では強い風が吹いている。

強い台風14号は、この勢力を保ったまま、9日には進路を東寄りに変えて北上し、週末は近畿から関東に暴風域を保ったまま接近して、上陸する可能性もある。

西日本や東日本の太平洋側では、台風の接近前から、すでに秋雨前線の雨雲がかかっているため、大雨が長引くおそれがある。

9日正午までに予想される雨量は、多いところで、東海や近畿、伊豆諸島で150mm、四国や九州北部で120mmなどとなっている。

また、9日に予想される最大瞬間風速は、九州南部や奄美、四国・東海・関東甲信で35メートルなどとなっている。

気象庁は、大雨による土砂災害や河川の氾濫、さらに暴風や高波に厳重に警戒するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース