【速報】池袋暴走事故初公判 89歳被告謝罪するも無罪主張

社会


東京・池袋で暴走した車が次々に人をはね、母と子が死亡した事故の初公判が東京地裁で開かれ、89歳の被告は謝罪したうえで、「車に何らかの異常があって暴走した」と起訴内容を否認した。

東京地裁前から、フジテレビ社会部・百武弘一朗記者が中継でお伝えする。

車いすで入廷した被告は、弁護人に支えられ証言台に立つと、遺族の方を向いて深く頭を下げたが、起訴内容については、よどみのない口調で明確に否認した。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)は2019年4月、豊島区東池袋でブレーキとアクセルを踏み間違えて交差点に進入し、母と3歳の娘をはねて死亡させ、9人にけがをさせた過失運転致死傷の罪に問われている。

妻・松永真菜さん(当時31)と娘・莉子ちゃん(当時3)を亡くした松永拓也さんは、裁判を前に心境を語った。

妻と娘を亡くした松永拓也さん「わたしは1日1日、2人の命と悲しみと苦しみと向き合っています。だからこそ、加害者は、わたしたちのその姿と言葉を聞いて、2人の命、わたしたち遺族の無念と自分の罪としっかりと向き合ってほしい」

初公判で、飯塚被告は「事故により、奥さまとお嬢さまを亡くされた松永様とご親族に心からおわびを申し上げます。最愛のお2人を亡くされた悲しみとご心痛は...思いますと、言葉がございません」と、時折言葉に詰まりながら謝罪したが、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、車に何らかの異常があって暴走したと思っています」と起訴内容を否認した。

検察側は、冒頭陳述で「事故の直前も正常に運転できていた。車に異常は確認できず、アクセルペダルの破損もない」と指摘し、裁判は閉廷した。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース