トランプ大統領 抗体検出で「無償提供したい」 「薬の影響」との指摘も

国際 医療・健康


アメリカのトランプ大統領は、最新の動画メッセージの中で、感染したことは「神のおぼしめしだった」とし、自身が投与を受けた薬を無償提供したいと述べた。

主治医は、トランプ大統領の最新の容体について、4日間熱がなく、症状も出ていないとしたうえで、「5日に採取した血液から抗体が検出された」と明らかにした。

免疫ができつつあることを示唆した形だが、抗体の検出は薬の影響ではないかという専門家の指摘も出ている。

トランプ大統領は、7日に公表した新たな動画で、投与を受けた未承認の薬が効果的だったと強調した。

トランプ大統領「感染したのは、神のおぼしめしだった。特効薬で24時間ですっかり良くなった。みんなにも同じ治療を受けてもらいたい」

トランプ大統領はこの薬を早期に承認したあと、「無償提供したい」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース