週末に関東上陸のおそれ 台風14号が列島に接近

社会 暮らし


鹿児島・奄美市では、うねりをともないながら、白波が勢いよく打ち上がっていた。

8日午前9時ごろ、奄美大島の海は大荒れとなっていた。

奄美大島は、7日夜から、強い台風14号の強風域に入っていた。

サトウキビ畑は、強い風で横になびいている。

学校へ向かう生徒たちは、前かがみになりながら歩いている。

8日の九州南部や奄美は、強い台風14号の接近にともない、荒れた天気となった。

奄美空港では、午前10時15分に最大瞬間風速26.7メートルの暴風を観測。

屋久島町尾之間では、最大瞬間風速36メートルを観測した。

九州南部では、8日午後3時50分現在も強い風が吹き続けている。

午前にかけ、台風14号が最も接近したとみられる沖縄・南大東島では、強風の影響で、サトウキビが至るところで地面に倒れるように傾いていた。

また、道路には、強風の影響で折れた木の枝などが散乱していた。

宮崎市でも、海は荒れていた。

防波堤をのみ込むほどの波。
兵庫・神戸行きのフェリーは、欠航となっている。

また、長崎・五島市の港でも、船の運航状況を問い合わせる人の姿が見られた。

台風14号が10日に接近するおそれのある和歌山・串本町では、8日午前9時半ごろ、大小40余りの岩の柱がそそり立つ橋杭岩に打ち付ける波の姿を、カメラに収める人の姿があった。

神奈川・江の島でも、白波が立ち始めている。

強い台風14号は、この週末、関東に上陸するおそれが出てきた。

中心線を通った場合は、関東の沖合を通過。
水蒸気たっぷりの海の上にあるため、勢力は衰えない。

また、中心線の北側を通った場合は、関東への上陸も考えられる。

雨と風、両方に警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース