北海道寿都町が応募表明 “核のごみ”最終処分場選定

政治・外交 社会


いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道・寿都町は、文献調査への応募を正式に表明した。

8日の会見で片岡町長は、国内全体に地層処分の議論を広めていきたいなどとして、文献調査への応募を正式に表明した。

文献調査への応募表明は、2007年の高知・東洋町以来2カ所目で、片岡町長は近く、資源エネルギー庁を訪れ、正式申請する予定。

一方、同じく応募を検討している神恵内村は、8日の臨時村議会で、地元商工会からの請願を採択し、早ければ9日、正式に表明するとみられている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース