「指導力発揮できず」 政府の新型コロナ対応検証

政治・外交 社会


新型コロナウイルスをめぐるこれまでの政府の対応を検証してきた民間の臨時調査機関が、報告書をまとめた。

民間臨時調査会・小林喜光委員長「将来必ず日本を襲うであろう感染症や自然災害に対応する際に、今回の厳しい体験から学んだことが役立つように、それぞれの施策を検証」

報告書では、3月中旬に専門家会議が水際対策の強化を求め、官邸の一部もヨーロッパからのウイルスの流入を懸念していたものの、十分な指導力を発揮できなかったと指摘した。

また、ある官邸スタッフが、「今振り返ると、あのとき、ヨーロッパ旅行の中止措置をとっておくべきだった」などと、後悔の念を抱いていることも明らかにされた。

この調査機関は、これまでに安倍前首相や官房長官時代の菅首相ら83人に対してヒアリングを行い、政府の対応を検証してきた。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース