感染者“下げ止まり”も…インフル流行を前に「3密回避・マスク着用」の徹底を呼びかけ【東京都モニタリング会議】

社会 暮らし 医療・健康

  • 感染状況・医療体制の警戒レベルは“上から2番目に深刻”を維持
  • 高齢者の感染拡大に懸念…最も多い感染経路は家庭内感染
  • 「3密を避けマスクを着用し移動・行動するのが重要」と大曲氏

65歳以上は14.4% 高齢者の感染拡大に懸念

東京都は10月8日、新型コロナウイルスの「モニタリング会議」を開き、感染状況については新規陽性者数の増加比は低下したものの、新規陽性者数と接触歴不明者数は高い水準が続いていることや、経済活動の活発化やクラスターの発生による増加に警戒が必要として、警戒レベルを先週と同じ、上から2番目に深刻な「感染の再拡大に警戒が必要」に据え置いた。

東京都の感染者数推移
東京都の感染者数推移

この1週間の傾向としては、40代の感染者が減り、70代と80代が増加。感染者の中で65歳以上が占める割合は14.4%にのぼっている。

重症化しやすい高齢者の感染拡大について、小池知事も「特筆すべき部分」と警戒感を露わにしている。

また、感染経路については、最も多い家庭内感染は、先週の31.9%からほぼ横ばいの30.2%で、シェアハウスでの感染も報告されているという。さらに、友人とのレジャー、ライブハウス、スポーツジムなどでの感染も確認されていて、感染場所だけを聞くと、さながら第1波の時のようだ。

一方、医療体制については、「医療機関への負担が強い状況が長期化している」として、こちらも警戒レベルを先週と同じ、上から2番目に深刻な「体制強化が必要」を維持した。

8日に行われた東京都モニタリング会議の様子
8日に行われた東京都モニタリング会議の様子

4連休の影響は? 冬に向け徹底した感染対策を

会議を終え、国立国際医療研究センターの大曲センター長は、「4連休の数字の影響は今回出ている。全部が全部ではないがすごく増えた訳ではなかったので、胸をなで下ろしているところではある」との見方を示した。

その上で、個人的な見解として、「調べてみると4連休は公園に行ったりする方がすごく増えた。一方で職場に行く方の数ががくっと減っているので、人が動くにしても、リスクが低いことをしていればそんなに問題ないんじゃないか」と述べ、「3密を避けてマスクをするということを意識して、移動・行動するのが重要」と強調した。

つまり、人が動くこと自体が問題なのではなく、その行き先の3密の程度や換気の状況、マスクの有無などが感染リスクに影響してくると言うことか…。

その他にも大曲氏は、高齢者に対しても、家にこもりすぎず、対策をとった上で運動などをするよう呼びかけた。

国立国際医療研究センターの大曲貴夫センター長
国立国際医療研究センターの大曲貴夫センター長

冬に向け、激増してはいないものの「下げ止まっている」状況について、ある幹部は第3波に向けて「発射台が高い」と懸念を示す。

本格的なインフルエンザシーズンに突入する前に、新しい日常での“特別な冬”に向けた心構えが必要なのだろう。

(執筆:フジテレビ社会部 都庁担当 小川美那)

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース