89歳被告「車に異常」無罪主張 池袋暴走事故 初公判

社会


母と子が死亡するなどした東京・池袋の乗用車暴走事故の初公判で、89歳の被告は、謝罪したうえで「車に異常があって暴走した」と無罪を主張した。

妻と娘を亡くした松永拓也さん「車の不具合を主張するなら、わたしは謝ってほしくない。遺族の無念と向き合っているとは思えなかった」

松永さんの義父・上原義教さん「わたしの大切な娘と孫を奪われたと思うと、とてもつらくて苦しくて」

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)は、2019年4月、車のブレーキとアクセルを踏み間違えて交差点に侵入し、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)を死亡させ、9人にけがをさせた罪に問われている。

飯塚被告は、起訴内容についての認否を問われ、まず、「最愛の奥さまとお嬢さまを亡くされた松永さまに心からおわびします」と謝罪した。

そのうえで、「アクセルを踏み続けたことはない。車に何らかの異常があって暴走した」と、無罪を主張した。

一方、検察側は冒頭陳述で「事故1カ月前の点検で、ブレーキやアクセルの異常は確認されなかった。アクセルが踏み続けられたが、ブレーキは踏まれた記録がなかった」と指摘した。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース