大統領選 次の討論会はオンラインで トランプ氏「参加しない」

国際


アメリカの大統領選挙に向けた2回目の討論会が、オンライン形式で行われることが発表された。
トランプ大統領は反発している。

討論会を主催する団体は8日、10月15日に予定されている2回目の討論会について、オンライン形式で行うことを発表した。

トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受けた対応だが、そのトランプ大統領は、FOXニュースの番組でオンラインでの討論会には参加しないと述べた。

トランプ大統領「オンライン討論会で時間を無駄にしたくない。コンピューターの前でするものではない。ばかばかしい」

一方、副大統領候補の討論会が7日行われ、新型コロナウイルスなどで論争が繰り広げられた。

両候補の間には、感染対策のためアクリル板が立てられた。

民主党の副大統領候補・ハリス上院議員は「アメリカ人は歴史上のどの政権よりも大きな失敗を目撃してきた」などと、トランプ政権の新型コロナウイルス対策を厳しく批判した。

ペンス副大統領は、「いち早く中国からの渡航を禁止したことで、多くの命を救った」などと強く反論した。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース