台風14号 発達しながら九州南を北上 週末に関東上陸のおそれも

社会 暮らし


西日本に接近中の台風14号。
9日以降さらに近づく見込みで、河川の氾濫や交通機関の乱れなどにも注意が必要となる。

8日午後8時半ごろの鹿児島・種子島の様子。

ヤシの木を揺らす強い雨と風。
夜の海は白く泡立ち、大しけとなっている。

強い台風14号の接近にともない、荒れた天気となった8日。

屋久島町尾之間では、最大瞬間風速36メートルを観測するなど、九州南部では強い風が吹き続けている。

宮崎市では、防波堤を覆うほどの白い高波が。

兵庫・神戸行きのフェリーが欠航するなど、交通機関にも影響が出ている。

10日に接近するおそれのある和歌山・串本町。
波消しブロックに覆いかぶさるように白い波が打ち付けている。

新宮市では、強い雨がアスファルトをたたく様子も。

強い台風14号は、この週末、関東に上陸するおそれが出てきた。

今後の進路だが、9日の間は四国沖でかなり動きが遅いまま。

10日になるとスピードを上げ、東海や関東では急に荒れてくるおそれがある。

雨風の警戒期間は、九州は9日にかけてが風のピーク。

四国や近畿では、9日の午後から暴風雨に警戒が必要となる。

東海や関東では、10日の午後を中心に荒れた天気のおそれがある。

11日の午前0時までに予想される雨量は、多いところで東海地方で300mmから500mm、近畿地方で300mmから400mmとなっている。

台風の影響は、新幹線にも及ぶかもしれない。

JR東海は、台風14号の接近にともない、10日昼ごろから東海道新幹線の東京 - 新大阪間で通常より本数を減らしたり、運転を見合わせたりする可能性があると発表した。

台風の進路や影響を見極めながら、9日にくわしい運転計画を公表する方針。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース