初の本格運用 IoT活用スマートごみ箱 センサーで自動圧縮も

経済・ビジネス 技術


ごみのポイ捨て問題などをインターネットを活用して解決する新たな取り組みがスタートした。

東京・表参道に登場した、アメリカ企業の開発によるIoT技術を活用したスマートごみ箱「SmaGO」。

表参道沿い13カ所に設置され、8日から本格運用が始まった。

フォーステック・緒方利奈さん「ここにセンサーが付いている。このあたりを満杯として、一定ラインを超えたときに、ごみが圧縮される仕組みになっている」

圧縮することで、ごみ箱容量の最大で6倍のごみをためることが可能になる。

これにより、ごみ箱が満杯の状態をなくし、ポイ捨てを防ぐ効果が期待されている。

また、クラウド上でごみ箱ごとの蓄積状況がリアルタイムで確認でき、ごみが多く出る場所を把握したり、満杯になるタイミングでごみ回収したりすることができる。

このスマートごみ箱をすでに設置しているアメリカのフィラデルフィアでは、ごみの回収回数が、導入前に比べて9割減ったほか、回収コストも7割削減できたという。

原宿表参道欅会・松井誠一理事長「多くの外国の方がお見えになり、来街者もそれにつれて非常に増えました。街で出るごみも大変増えまして、従来のごみ箱もかなり大きかったのですが、それでは間に合わない」

タピオカブームなどの影響もあり、原宿、表参道周辺では、プラスチック容器がごみ箱からあふれたり、周囲にポイ捨てされるなど問題となっていた。

松井誠一理事長「今までは、毎日ごみ回収をしているが、1日1回では収容しきれないくらいのごみが出ている。SmaGOだと、それよりはだいぶ改善されるのではと期待している」

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース