台風14号 遅いスピードで北上 接近前から雨強まる

社会 暮らし


北上を続ける強い台風14号は、9日にも進路を東に変え、10日には関東に最も接近するおそれがある。

台風14号は午前5時現在、九州の南の海上で北上を続けていて、九州や四国の広い範囲で強い風が吹いている。

9日は、かなり遅いスピードで北上を続け、西日本に接近する見込み。

10日は、次第に速度を上げ、暴風域をともなったまま、東日本にかなり接近するおそれもある。

九州や四国はこれから10日の朝まで、近畿や東海は10日朝から、関東は10日の午後から大荒れのおそれがある。

各地で台風の接近前から雨が強まる見込みで、早めの対策が必要。

10日午前6時までに予想される雨量は、多いところで近畿・東海で400mm、四国で300mmなどとなっていて、10日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部、四国、近畿などで35メートルなどとなっている。

気象庁は、大雨による土砂災害や河川の氾濫、暴風や高波などに厳重な警戒を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース