台風14号 上陸の可能性低く 大雨のおそれ

社会 暮らし


強い台風14号は、9日午前11時半現在、四国沖を北上中。

最新の予想で、上陸の可能性は低くなったものの、台風から離れていても大雨のおそれがあるとして、気象庁は、警戒を呼びかけている。

強い台風14号は、午前11時半現在、高知・足摺岬の南南東をゆっくり北東に進んでいるとみられる。

10日から11日は、東海や関東沖に進むが、上陸する可能性は低くなった。

台風の強風域に入っている紀伊半島や四国を中心に風が強まっていて、高知県の室戸岬では、最大瞬間風速29.6メートルを観測し、和歌山・串本町でも、26メートルの強い風が吹いた。

また宮崎県では、道路脇に立っていたカーブミラーがぽっきり折れ、海では強い風が吹き、大きな波が押し寄せた。

一方、7日から降った雨の量を表したグラフ。
関東から四国の太平洋側では、秋雨前線の影響で、すでに雨の量が増えていて、200mm以上のところが多く、一部では300mm以上となっている。

気象庁は9日午前、取材に応じ、雨が長く続いて、大雨のおそれがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース