結婚 & 離婚も“脱ハンコ” 上川法相「押印廃止」へ

政治・外交 暮らし 技術


上川法相は、閣議後の会見で、婚姻届や離婚届の押印の廃止を検討していることを明らかにした。

現在、市区町村で提出されている婚姻届と離婚届には、署名や押印が必要だが、政府の行政手続きの押印の見直しに向けた取り組みを受けて、法務省は押印欄を廃止する方向で検討している。

また、オンラインでの戸籍の届け出は、すでに制度上可能だが、現在までに導入している市区町村はない。

法務省としては、このほか、さまざまな行政手続きで、押印の廃止やオンライン化の検討を進めているという。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース