台風14号 山沿いで大雨 今後は? 三井気象予報士が解説

社会 暮らし


強い台風14号は、9日午前11時半現在、四国沖を北上中。
上陸の可能性は低くなったものの、台風から離れていても大雨のおそれがあるとして、気象庁は警戒を呼びかけている。

今回の台風14号の警戒ポイントを、フジテレビ・三井良浩気象予報士に聞く。

台風が列島から離れて通ったとしても、大雨には引き続き警戒が必要となる。

すでに、伊豆諸島の八丈島では、2日間の雨量が450mmを超えている。

今後、特に大雨に警戒が必要なのが、紀伊半島から関東にかけての山の南側の地域。

台風周辺の湿った空気が、次々と山にぶつかり、雨雲を発生させる。
そして、この雨雲がかかり続けることで、山の南側では大雨が続くおそれがある。

最も大雨になるとみられているのが東海地方で、10日正午までに、多いところで400mmの大雨が予想されている。

1日で400mmというのは、いつ土砂災害が起きてもおかしくないほどの雨量。

(一番警戒が必要になる時間帯は?)

これから10日から11日にかけて、東海、近畿では大雨に警戒、さらに伊豆諸島では、暴風にも警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース