前人未到「タイトル100期」へ 羽生九段が竜王戦第1局

文化


将棋の羽生善治九段(50)が前人未到の「通算タイトル100期」に向け、竜王戦七番勝負の第1局に挑んでいる。

竜王戦七番勝負の第1局は、東京・渋谷区で行われ、9日午前9時に先手の羽生九段が初手を指して始まった。

羽生九段が挑む相手は、竜王のタイトル初防衛を目指す豊島将之二冠(30)。

持ち時間はそれぞれ8時間で、七番勝負で先に4勝した方がタイトルを獲得する。

羽生九段は2年前に竜王戦で敗れ、27年ぶりに無冠となって以来のタイトル戦登場で、羽生九段が竜王を獲得すれば、「通算タイトル100期」の前人未到の記録を打ち立てることになる。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース