10日関東に接近 台風14号 十分警戒を

社会 暮らし


強い台風14号、上陸しなくても大雨に警戒が必要。

強い台風14号は現在、四国の南を北上しており、10日にかけて、暴風域をともなったまま、紀伊半島から関東に接近する見込み。

日本列島に上陸する可能性は低くなったが、今後も太平洋側を中心に、大雨になる可能性がある。

10日夕方までに予想される雨量は、いずれも多いところで、東海で300mm、伊豆諸島で250mmとなっていて、土砂災害などに警戒が必要。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース