災害は「他人事」ではない 復旧・復興の支え「災害ボランティア」 助け合うために必要な備え

社会 暮らし 防災

  • 現地での活動は?専門家に聞く「災害ボランティア」
  • 誰でもできる?必要なことは“情報収集”と“装備”
  • 一番大切なことは“被災者に寄り添う気持ち”

助けたい気持ちはあっても…「災害ボランティア」で何をするの?

災害が起きてしまった時に、現地の復旧や復興に欠かせないのが「災害ボランティア」。
だが、「困っている人を助けたい。役に立ちたい」という気持ちがあっても、実際に何をすればいいのか迷ってしまうこともある。


今回のテーマは、災害の復旧や復興に欠かせない「災害ボランティア」、ボランティアの備えについて考える。

日常の暮らしやキャンプなど、アウトドアでの遊びを災害時の備えに利用する「アウトドア防災」が専門の日赤秋田短大の講師・及川真一さんに伺った。


2017年7月、秋田県内は記録的な大雨により各地で浸水の被害が相次いだ。


その際、及川さんは「災害ボランティア」として仙北市で活動した。
災害ボランティアは、現地で実際にどのようなことをしたのか…


日赤秋田短大講師・及川真一さん:
自然災害によって異なりますが、例えば住居で泥をかいたり、家具の出し入れをしたり、避難所運営のサポートをしたり、災害ボランティアセンターのサポートをしたりというような、ニーズに応じてボランティアが求められるというのが現状です



 


誰でもできる?「災害ボランティア」に参加するには

では、災害ボランティアには誰でも参加できるのか。


日赤秋田短大講師・及川真一さん:
災害ボランティアと聞くと、初めてで行っていいのかとか悩まれる方も多いと思うんですが、事前にきちんと情報収集すること、それに伴って装備をすること、現場が危険を伴うというところを理解したうえであれば、初めての方でも非常に受け入れしやすいです

ボランティアを受け入れるのは、全国の自治体の「社会福祉協議会」が運営する「ボランティアセンター」。
どのような人が求められているのか、そして条件はあるのか。


「全国社会福祉協議会」のウェブサイトから、各地の「災害ボランティア」の募集状況を確認する。

ボランティア保険にも必ず入らなければいけないが、手続きはインターネットで簡単にできる。
集合場所・時間などの情報をしっかりと確認したら、現地の「災害ボランティアセンター」に向かう。


活動に必要な装備は“自己完結”が基本

手続きができても、活動に必要な道具は全て自分で持っていかなければいけない。
及川さん自身が現場で使った装備を見せてもらった。


日赤秋田短大講師・及川真一さん:
水害の地域や現場によって異なる、また個人の装備品によって異なることもあるんですが、最低限このくらいの装備品があると僕は使いやすかったです

例えば、水害に遭った家屋の片付け作業をする場合。帽子にメガネやゴーグル、そして防じんマスクを身につける。スコップなども使い慣れたものがあると安心。また、水や泥の中を歩くための長靴なども必要。


及川さんの場合は、安全靴に防水のガードをつけて活動している。

日赤秋田短大講師・及川真一さん:
いつも使っている、履き慣れたものを使っています


また、泊りがけで活動するときは、拠点となる場所を自分で見つけなければいけない。

ホテルなどを予約する、テントを張って寝泊まりするなど、それぞれに合った方法を、自分で用意する。


一番大切なことは“被災者に寄り添う気持ち”

「ボランティア」は、あくまでも自発的なもので強制されるものではない。
だが、災害はいつどこで起こるか分からない。決して「他人事」ではない。


自分と身近な人の命を守るための備えとともに、助け合うための準備も考えておくといいかもしれない。

日赤秋田短大講師・及川真一さん:
一番大切なことは、被災者に寄り添う気持ちを忘れずに活動することだと思います


なお、新型コロナウイルスの影響で、遠方からのボランティアの受け付けが制限されている場合が多い。
ボランティアはもちろん強制されることではないが、こういう時だからこそ、秋田県内など身近な地域同士での助け合いの重要性が増しているのかもしれない。

(秋田テレビ)

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース