‟最優秀”に輝くコインランドリー の大人気サービスとは? 衣替え時期の洗濯法も伝授

暮らし

  • 札幌市に「コインランドリー店アワード2020」最優秀賞のお店が
  • 全部プロにお任せ…クリーニング師スタッフが常駐
  • 衣替えの時期「しまい洗い」のコツも伝授

「コインランドリー店アワード2020」で最優秀賞

北海道・札幌市中央区にあるコインランドリーと洗濯代行の「ジャバリン」。
朝9時の開店と同時に、大きな洗濯物を抱えた人たちが続々と訪れる。


ジャバリン・竹内康社長:
寒くなって、ここ1~2週間で急に羽毛布団をたくさん持ってくる人が増えた

しかし、ほとんどの人は自分で洗濯するのではなく、持ってきた洗濯物をスタッフに預けて行く。
とても便利でお得な、コインランドリーの最新サービスに迫った。


札幌市中央区の「ジャバリン」は2020年8月、全国のコインランドリーを対象とした「コインランドリー店アワード」で最優秀賞を受賞した。


全てプロにお任せ!洗濯代行サービス「アラワサッタ」

店舗には、クリーニング師の資格を持つスタッフが常駐している。
利用客から預かった衣類や羽毛布団のほか、靴など全てをスタッフが洗濯していく。


この店の人気のサービスが、その名も「アラワサッタ」。
洗濯物を持っていくと、数時間後には全て洗われている…北海道弁で「洗わさっている!」というもの。


ジャバリン・竹内康社長:
羽毛布団を自分で洗うのは、なかなか難しくてですね。うちのお店の場合は、受付していただければ、やり方がわからなくても全部スタッフが洗っておきますので、失敗しないというのが特長だと思います

スタッフが全て洗濯してくれるが、代行料金は一切かからない。


客:
クリーニングより安かったので。そろそろ寒くなりそうだったから、すぐ受け取れて良かったなと思います

客:
主に、布団と子どもたちの靴。野球もやってたりするので、泥だらけになったりとか。子どもの習い事の送り迎えだとか午後は時間がなかったりするので。全てお願いして、翌日 自分が時間がある時に取りに来ます、みたいな感じで


洗濯を任せている間は、待つことなく自由に時間を使うことができるというのも魅力。

冬支度をプロが指南…コツはお湯と酵素入り粉洗剤

ところで、秋も深まる10月になると気になる衣替え。
衣類をしまう前に大切な「しまい洗い」について、洗濯のプロにコツを聞いた。


用意するものは、40~50度のお湯と酵素入りの粉洗剤。


ジャバリン・竹内康社長:
この温度をできるだけキープしたいので…クーラーボックスや発砲スチロールの容器などを使うと40~50度の湯温をキープしてくれるので、使うとすごく良いと思います

しまい洗いに効果的な酵素入り洗剤を溶かして、衣類を数時間漬け込む。


ジャバリン・竹内康社長:
酵素は皮脂にすごく効果があるんですね。皮脂がちゃんと落ちてないと、半年後に出した時に、もともと色がついてなかったのに黄ばんでいた、みたいなことがあると思うんですけど、この工程をやっておくと、皮脂が完全にとれた状態で片付けることができるので


あとは、水を捨てて普段通り洗濯機にかけるだけ。皆さんも参考にしてみては?

(北海道文化放送)

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース