台風14号 列島に接近 大雨警戒の紀伊半島は

社会 暮らし


台風14号は、10日午前7時現在、和歌山・潮岬の南の海上を1時間におよそ15kmの速さで、進路を東寄りにとりながら進んでいる。

東海地方では、雨・風ともに強まっている。

三重・熊野市から前田輝アナウンサーが中継でお伝えする。

三重県南部に位置する熊野市。

後ろに見えるのが熊野灘。

波の様子を見ると、9日よりもさらに波が高くなっているように感じる。

高い時は5メートルを超えるほどのうねりをともなった波が、何度も押し寄せてきている。

ごーっという大きな波の音、白波が立ってかなり荒れている。

また、雨粒は大きくないが、雨が風に乗って顔にあたると痛い。

時折、大人の男性でも踏ん張っていないと、身体がよろめくぐらいの強い風が吹いている。

気象台によると、このあと昼前から昼過ぎにかけて、台風は三重県南部に最も近づくもよう。

最大瞬間風速は陸上で30メートルもの強い風が吹くと予想されており、警戒が必要。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース