台風14号 列島に接近 大雨・暴風・高波に警戒

社会 暮らし


台風14号は、10日午前7時現在、四国や近畿、東海の一部を強風域に巻き込みながら、東北東へ進んでいるとみられる。

このあとも東よりに進んで、10日夜遅くから11日未明には、八丈島など伊豆諸島南部に最も接近する。

本州に上陸する可能性はかなり低くなったが、このあともスピードが遅く、台風から離れた太平洋側でも大雨が長引く可能性がある。

交通機関への影響。

東海道新幹線は、始発から通常通り運転を行っている。

一方、三重県を走る紀勢線や参宮線などが、始発から運転を見合わせているほか、JRや私鉄の一部で、運休や遅延のおそれがある。

また、空の便では午前7時現在、八丈島の発着便を中心に欠航が出ている。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース